PC で App Store からアプリをダウンロード

PC で App Store からアプリをダウンロード

Windows PC で App Store からアプリをダウンロードする方法

iTunes は異なるデバイス同士をつなぎます

 BlogCat のプログラミング日記です。

 PC から iPad へデータを転送するために iTunes というアプリを (PC側で) 使っています。

 Windows と iOS の橋渡しをしてくれる数少ないソフトなので、それなりに重宝していますが、最新バージョン (12.7 以降) では iTunes Store を使って App Store からアプリを購入することができないのです。

「アプリも PC でダウンロードできたほうが便利だよね」
と思ってダウングレードに踏み切りましたが ...... そこには色々なトラブルが待ち構えていました。
 

iTunes 12.6 をインストールしましたが ...

 なんとなく嫌な予感はしていましたが、とにかく最新バージョンの iTunes をアンインストールして、iTunes に付属する以下のアプリケーションを削除しました。

 Bonjuor
 Apple Application Support
 Apple Mobile Device Support
 Apple Software Update

 それから、どっかのサイト (← どこだよ?) に行って、iTunes 12.6 をインストールしました。なんとなく良くないことが起こりそうな気がしながらも起動アイコンをクリックすると ......

 iTunes Library.itl は新しいバージョンのiTunesで作成されているため読み込めません。

というエラーメッセージが表示されました。

 ダウングレードでよくあるトラブルです。
 前に使っていたバージョンのファイルが残っていたわけですね。
 仕方なく、もう一度 iTunes をアンインストールして、iTunes に関連するファイルはフォルダごと全部削除しました。そして、もう一度 iTunes 12.6 をインストールです。今度は無事に起動しましたが ......
 

App Store からアプリが入手できない...

 試しに、App Store から無料アプリをダウンロードしようとして、Apple ID とパスワードを入力すると ......

 アプリを購入できませんでした。
 原因不明のエラーが発生 (-50)。
 後でもう一度試してください。

というメッセージが表示されました (正確には覚えていませんが、大体こんな感じのメッセージでした)。

 「何でやねん!?」と憤慨しながら、他のアプリで試してみても、やっぱり同じエラーです。

「きっと、Apple社は Windows からアプリを入手する方法を完全に遮断することにしたんだ。Apple社は Windows のこと嫌いだもんね」
という被害妄想に陥りながら、事態の解決は翌日に持ち越されたのです。
 

パスワードが違ってた...

 そのあと友人とメールのやりとりをしているうちに、
「あ、パスワードが違っていた」
ということに気づきました。アルファベットで大文字にするべきところを、小文字で打ち込んでいたのです。
「 Apple にサインインして、携帯番号と住所の入力も必須だよ」
てことも指摘されました。

 ただの凡ミスでした。
「お前、バカだろ!?」
と思われているかもしれませんが、何はともあれ、無事に PC 経由で iOS のアプリをダウンロードできるようになりました。めでたし、めでたし ...... つ、疲れました、はやく仕事にとりかからないと。