Python基礎

1/6ページ
  • 2019.02.01

非線形モデル① 非線形ガウス基底モデル

非線形モデル  個々の基底関数が入力データ $x$ 以外の内部パラメータ $p,\ q,\ r,\ ...$ を含んでいる場合、これを   \[\phi(x,\ p,\ q,\ r,\ ...)\] と表すことにします。たとえば、ガウス基底の場合は $\mu$ と $\sigma$ が内部パラメータにあたります。線形モデルにおいては基底関数同士の線形結合   \[f(x)=\sum_{k}a_k\ […]

  • 2019.01.26

剰余演算

剰余演算の定義  $a$ を $b$ で割ったときの剰余 $r$ は   \[a=bq+r\quad (0\leq r\leq |b|)\] によって定義され、   \[r=a\ \mathrm{mod}\ b\] と表します。$q$ は商です。Python においては $q$ だけが(浮動小数点数型の)整数値であり、$a,\ b,\ r$ は必ずしも整数値であるとは限りません。たとえば、$13. […]

  • 2019.01.20

[NumPy] 配列データの書き込み/読み込み

 NumPy の配列データ (ndarray) をファイルに保存する方法 について解説します。 numpy.save()  numpy.save() を使うと、配列を NumPy 独自のバイナリ形式のファイル (npyファイル) に書き込むことができます。  numpy.save(ファイル名, 配列)  データを書き込むときにはファイルの拡張子を省略できますが、numpy.load() を使って保 […]

  • 2019.01.01

[正規表現] 置換・分割

regex.sub()  正規表現オブジェクト (regexオブジェクト) の sub()メソッドを使うと、マッチした文字列を他の文字列で置き換えることができます。たとえば、検索対象文字列にある 2018年 を 平成30 年 に置き換える場合は、2018 年 を表す正規表現オブジェクトを作成し、sub()メソッドの第 1 引数に '平成30 年' を渡します。 # reモジュールをインポート im […]

  • 2018.12.27

メタ文字⑤ 文字集合

文字集合(文字セット)  [ ] で囲まれた文字列は、その中のいずれか1文字にマッチする正規表現(文字集合)です。たとえば、[abc] は a, b, c のいずれかにマッチします。 # reモジュールをインポート import re # a, b, c のいずれかに適合する正規表現 regex = re.compile(r'[abc]') # 検索対象文字列 line = 'apple berr […]

  • 2018.12.26

メタ文字④ 複数文字・複数候補

複数文字のパターンマッチ  ( ) は複数文字のパターンをまとめてグループにします。  たとえば、(けほ)+ は けほ の 1 回以上の繰返しを意味します。 # 正規表現オブジェクトを作成 regex = re.compile(r'(けほ)+') # 検索対象となる文字列を作成 line = "「最近、ちょっと風邪気味で。けほけほけほ」" # sentenceを検索 s = regex.searc […]

  • 2018.12.26

メタ文字③ 繰り返しパターン/任意の文字列

文字列の繰返しにマッチする正規表現  + や * などのメタ文字を使うと、文字列の繰返しにマッチする正規表現をつくることができます。 1回以上の繰返し  + は直前の文字の1回以上の繰返しを意味するメタ文字です。は+ は   ・ははは   ・はははは   ・あははは などの文字列にマッチします。 # 正規表現オブジェクトを作成 regex = re.compile(r'あ+') # 検索対象となる […]

  • 2018.12.25

メタ文字② アンカー(パターンの位置)

アンカー(パターンの位置)  パターンの位置を指定するメタ文字をアンカーとよびます。  正規表現では文字列の先頭と末尾を表すアンカーが定められています。 文字列の先頭  ^ は文字列の先頭を表すアンカーです。  たとえば、^今日 というパターンは  ・今日は良い天気ですね。  ・今日の試合は絶対に勝つぞ!  ・今日がダメでも、明日があるさ。 のような文字列にマッチします。 # reモジュールをイン […]

  • 2018.12.25

メタ文字① 任意の1文字

≫ 正規表現の基本については、こちらの記事を参照してください。 任意の1文字にマッチする正規表現  . は任意の1文字にマッチするメタ文字です。  たとえば は.を飼って という正規表現は、  ・次郎君 は犬を飼って いる。  ・小春ちゃん は猫を飼って います。  ・私 は鼠を飼って いません。 などの文字列にマッチしますが、  ・次郎君はイヌを飼っています。  ・私はサルを飼ってみ […]

  • 2018.12.21

[NumPy] 配列の高速ソート

numpy.sort()  numpy.sort()関数は配列を受け取って、ソートされた配列の copy を返します(元の配列は変更されません)。  numpy.sort(array_like, axis=-1, kind='quicksort', order=None)  第 1 引数には配列に相当するオブジェクトを渡します。  疑似乱数で 1 次元配列を作ってソートしてみましょう。 # Num […]

1 6