独学で Python プログラミングを学ぶための入門書

独学で Python プログラミングを学ぶための入門書

独学で Python を学ぶための入門書

 これから Python を始めようと考えている人のために、Amazonレビューで評価の高い Python の入門書 を紹介します。

独学プログラマー Python 言語の基本から仕事のやり方まで

独学プログラマー Python言語の基本から仕事のやり方まで

中古価格
¥1,800から
(2018/8/13 02:40時点)

 タイトルにある通り「これから独学で Python をマスターするぞ」と気合いを入れている人にピッタリの Python 入門書です。著者のコーリー・アルソフ (Cory Althoff) 氏自身が独学でプログラミングを学び始めてから1年でソフトウェア・エンジニアになって現在シリコンバレーで活躍するという経歴の持ち主であり、その過程で得た知識を詰め込んでいます。本書は趣味として学ぶ人ではなく、これから本職のプログラマにになろうと志す人のために書かれた指南書です。ですから単に「 Python のコードを書いて動かせるようになる」ということだけでなく、「エンジニアが備えておくべき知識」や「どのようにコードを書くべきか」というところまで踏み込んだ解説がなされています。さらに「プログラミングを仕事にするならプログラミング以外のスキルも必要である」という観点から、コマンドラインを用いたパッケージ管理やバージョン管理についても触れられています。本書を 2 ~ 3 回繰り返して読めば、プロフェッショナルになる土台としての「プログラミングの哲学」を身につけることができるでしょう。
 

みんなの Python(第 4 版)

みんなのPython 第4版

新品価格
¥2,916から
(2018/8/13 02:43時点)

 Python 3 系に対応したプログラミング入門書です。
 Anaconda のダウンロードやエディタの選び方に始まり、数値の四則演算、変数、繰り返し演算、条件分枝、関数、メソッドといった Python の基礎的事項がサンプルコードとともに丁寧に説明されています。ひと通りの基礎事項の解説が終わると、chapter 06 以降では Python の核心ともいうべき「クラスとオブジェクト指向開発」に踏み込みます。しかしこの章については、chapter 05 までを繰り返し読んでしっかりと基礎を身につけて、自力で簡単なコードを書けるようになってから読むことをおすすめします(後の補足記事で理由を説明します)。
 現在出版されている Python 入門書は翻訳書が多いのですが、本書は日本人が記述しています。翻訳書にありがちな文章のぎごちなさや誤訳がないので、スムーズに読み進めることができるのも、おすすめポイントのひとつです。
 

入門 Python 3

入門 Python 3

中古価格
¥2,049から
(2018/8/19 00:55時点)

 本書もよく売れていて、Amazon でも高い評価を得ています。
 プログラミング自体が初めてという人に向けて書かれているので、予備知識などは必要ありません。ウェブやデータベース、ネットワークなど、他の入門書に比べると幅広い内容を扱っています。「 Python ではいったい何ができるのだろう?」と思っているかたにはぜひおすすめしたい一冊です。
 

詳細! Python 3 入門ノート

詳細! Python 3 入門ノート

中古価格
¥2,172から
(2018/8/19 01:05時点)

 Anacondaディストリビューションのインストールを前提に Python プログラミングを学習します。Python の基本構文を学んだあとは、Matplotlib を使ったグラフの描き方、NumPy モジュールを利用た配列処理、そして機械学習プログラミングへと進みます。入門書で機械学習まで扱う本は他にあまりないと思うので、一冊で色々やってみたいと思う人におすすめです。
 

Python の入門段階でやるべきこと

 以下にスタートアップ(入門)の段階でやるべきことをまとめておきます。

・入門書は慎重に選択します。
 ここで失敗するとかなり痛いです。
 世の中には質の高い情報が溢れている一方で、残念ながら首を傾げざるをえないような情報も数多あります。変な本を選択すると貴重な時間を奪われるし、プログラミングに対する苦手意識が植え付けられてしまう可能性もあります。Amazon のレビューの評価などを参考にしながら(上で紹介した 2 冊なら間違いないですよ)、最初に読む本の選択を誤らないようにしましょう。

・サンプルコードは全て打ち込んで動作を確認します
 コードを眺めていても知識は定着しません。
 面倒くさがらずに自分の手を動かしましょう。
 入門書に載っているすべてのコードを実際に打ち込んで、動作を確認してください。それを繰り返すことで、Python の文法を体で覚えることができます。

・曖昧な用語は必ず確認しましょう。
 プログラミングを学び始めた頃は次々と現れる専門用語に戸惑うと思います。本を読み進めるうちに、以前に登場した単語を使って新しい概念が説明されるので、記憶が曖昧な用語があったら躊躇わずに前のページに戻って再確認するようにしてください。
 

[補足] オブジェクト指向について学ぶべき?

 特に趣味でプログラミングを学びたいという人、あるいは学術的な目的で Python を利用したいという場合は、急いでオブジェクト指向の詳細を理解する必然性はないと思います(それを理解しても使いどころがさほどありません)。
 むしろ「 Python には(サードパーティーも含めて)どのようなモジュールが存在して、自身の目的のためにどのように活用できるのか」を調べることに集中したほうが時間と資源の節約になります。Python には道具として使える質の高いライブラリがすでに山ほど用意されているので、ほとんどのケースにおいて、わざわざ自分で複雑なライブラリを作る必要がないからです。
 しかし、職業的プログラマーになることを目的として Python を学ぶのであれば話は別です。クラス定義によるオブジェクト設計は絶対に習得しておくべき知識ですから、多くの時間をかけて取り組むようにしてください。