Pythonでじゃんけん

Pythonでじゃんけん

Pythonでじゃんけん

 人間のプレイヤーとコンピュータが じゃんけん をして勝敗を表示するプログラムを作ってみましょう。プレイヤーの出す手は、
 

グー, チョキ, パー

の 3 通りです。それぞれの手に対してコンピュータの出す手も
 

グー, チョキ, パー

の 3 通りなので、その組み合わせは全部で 3 × 3 = 9 通りあります。とはいえ、9 通りの分枝を記述するのは大変なので少し工夫します。そのために、じゃんけんの手のそれぞれに、
 

グー: 0 点, チョキ: 1 点, パー: 2 点

という数字を割り当てて、次のような判定スコアを定義します。
 

じゃんけん判定スコア = [プレイヤーの手 - コンピュータの手 + 3] Mod 3

 ここで、a Mod b は a を b で割ったときの余りを得る演算を意味します。Python では % が Mod に相当する演算子です。たとえば、プレイヤーがパー、コンピュータがグーを出したとすると、判定スコアは
 

(2 - 1 + 3) Mod 3 = 1

となります。同じように、すべての手の組み合わせについて判定スコアを計算すると、下の表のようになります。

プレイヤーの手 コンピュータの手 スコア 勝敗
グー グー 0 引き分け
グー チョキ 2 勝ち
グー パー 1 負け
チョキ グー 1 負け
チョキ チョキ 0 引き分け
チョキ パー 2 勝ち
パー グー 2 勝ち
パー チョキ 1 負け
パー パー 0 引き分け

 表を見ると、判定スコアが 0 のときは引き分け、1 のときはプレイヤーの負け、2 のときはプレイヤーの勝ちとなっていることがわかります。判定スコアを使うと、条件分枝は 3 通りで済みます。Python での実装は次のようになります。

# じゃんけん

# じゃんけん判定関数
def judge(x, y):
    score = (x - y + 3) % 3
    if score == 0:
        j = "引き分けです"
    elif score == 1:
        j = "あなたの負けです"
    else:
        j = "あなたの勝ちです"
    print(j)

# じゃんけんの手のリスト
hand = ["グー", "チョキ", "パー"]

# プレイヤーの手を入力
x = input("手を選んでください\n0:グー, 1:チョキ, 2:パー\n\n")

x = int(x)

# コンピュータの手をランダムに決定
y = random.randint(0, 2)

# 双方の出した手を表示
print("\nあなたの手:{}".format(hand[x]))
print("コンピュータの手:{}\n".format(hand[y]))

# 勝敗を表示
judge(x, y)
手を選んでください
0:グー, 1:チョキ, 2:パー

1

あなたの手:チョキ
コンピュータの手:パー

あなたの勝ちです

 コードを実行すると手の入力が促されるので、数値で選択してください。コンピュータの手はランダムに選ばれて、お互いの出した手と勝敗が表示されます。

【おすすめ記事】 ≫ 内包表記の使い方

【技術英語の豆知識】英語でじゃんけんぽん

 じゃんけん を英語で rock-paper-scissors といいます。
 rock は石、paper は紙、scissors はハサミです。
 地域によって、rock の代わりに stone (石) を使うこともあるようです。
 「じゃんけんぽん」の掛け声も "Rock, Paper, Scissors" です。
 う~ん。「じゃんけんぽん」のリズムに慣れた日本人としては、ちょっと長いなあと思ってしまいますね。世界中に "Janken, Pon!" を流行らせてみてはどうでしょうか。これから海外に行く予定の方、どうかお願いします (←人任せかよ)。とはいえ、ゲームの内容を言い表すなら英語のほうが自然ですよね。どうして日本人は「じゃんけん」と呼ぶのでしょうか。知っている方がいたらぜひ教えてください。ちなみに、関西ではじゃんけんをインジャンといいますが、インジャンの語源もよくわかりません。