len()

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

len()

Python の組み込み関数 len() はオブジェクトのサイズ (要素の数) を返します。引数にはリスト、タプル、range、文字列、バイト列、辞書、集合などを受け取ることができます。
 
len() を使ってリストの要素を数えてみます。

# PYTHON_LEN_01

# In[1]

x = ["a", "b", "c", "d", "e"]

# オブジェクトのサイズを取得
print(len(x))
# 5

次は len() に多重配列を渡してみます。

# In[2]

x = [["a", "b", "c"], ["d", "e", ["f", "g", "h"]]]

# オブジェクトのサイズを取得
print(len(x))
# 2

8 ではなく 2 が出力されました。len() は格納されたオブジェクトの数を返す関数です。上のコードでは、x には、[“a”, “b”, “c”] と [“d”, “e”, [“f”, “g”, “h”]] という 2 つのオブジェクトが格納されていると考えます。
 
len() に文字列を渡すと文字数が返ります。

# In[3]

# 文字列を定義
x = "Python"

# 文字数をカウント
print(len(x))
# 6

拡張パッケージで定義されたオブジェクトの中にも、len() に渡せるように設計されているものがあります。たとえば、NumPy の配列 (ndarray) を len() に渡して要素数を調べることができます。

# PYTHON_LEN_02

# In[1]

import numpy as np

# arr=[1 2 3 4 5 6 7 8 9]
arr = np.arange(1, 10)

# 配列の要素数を数える
print(len(arr))
# 9

リストと同じように、len() に多次元配列を渡すこともできます。
たとえば、次のような 2 次元配列 arr を定義します。

# In[2]

# 2次元配列を定義
arr = np.arange(1, 10).reshape(3, 3)

print(arr)
# [[1 2 3]
#  [4 5 6]
#  [7 8 9]]

この場合、len(arr) は arr に格納されている 1 次元配列の数をカウントします。

# In[3]

# arrに格納されたオブジェクトを数える
len(arr)
# 3

len() はクラスに定義された特殊メソッド __len__() を呼び出す関数です。すなわち、クラスごとに格納されたオブジェクトを数えるメソッドが __len__() という名前で定義されています。組み込み関数のリストと NumPy の配列では、__len__() の中身は異なるということです。したがって、クラスの中に適当な機能をもつ __len()__ を実装して、インスタンスのサイズを定義できます。

# PYTHON_LEN_03

# In[1]

class Object_A:

    # len()を実装してインスタンスのサイズを10と決める
    def __len__(self):
        return 10

x = Object_A()

len(x)
# 10

コメント

  1. あとりえこばと より:

    【技術英語の豆知識】len() 関数の len は length の略語です。こんな妙な略し方するのはプログラミング業界ぐらいで、門外漢にとっては「???」でしょうけど、まあとにかく、length の略語なのです。length には「長さ、区分」という意味で、
    ・length of time (期間)
    ・at arm’s length (腕を伸ばせば届く所に)
    のような使われ方をします。

    Python公式ドキュメント英語版では len() を
    ・length of an object (オブジェクトの大きさ)
    と説明しています。