numpy.append

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

numpy.append()

numpy.append()配列の末尾要素を追加する関数です。

numpy.append(arr, values, axis=None)

arr には配列 (ndarray) 以外にリストやタプルなども渡せます (このような簡易表現は NumPy のコードで普通に使われます)。戻り値は必ず配列となります。

# NUMPY_APPEND

# In[1]

import numpy as np

# [1 2 3]の末尾に99を追加
a = np.append([1, 2, 3], 99)

print(a)
# [ 1  2  3 99]

arr が 2 次元配列のケースを見てみましょう。axis を何も指定しなければ、arr をフラット化したあとで values が追加されます。

# In[2]

# 2次元配列を定義
x = np.array([[1, 2, 3],
              [4, 5, 6]])

# xをフラット化して末尾に[7 8 9]を追加
b = np.append(x, [7, 8, 9])

print(b)
# [1 2 3 4 5 6 7 8 9]

axis=0 を指定することで、末尾の行に追加できますが、values の次元や指定軸に沿ったサイズは arr と一致していなければなりません。

# In[3]

# xの末尾の行に[7 8 9]を追加
c = np.append(x, [[7, 8, 9]], axis=0)

print(c)
# [[1 2 3]
#  [4 5 6]
#  [7 8 9]]

軸に沿ったサイズが揃っていないとエラーを発生します:

# In[4]

d = np.append(x, [[7, 8, 9]], axis=1)

print(d)
# ValueError:
# all the input array dimensions except for the concatenation axis must match exactly

縦サイズ 2 の配列であれば、x の末尾の列に追加できます。

# In[5]

# 縦ベクトルを定義
v = np.array([[7],
              [8]])

# xの末尾の列にvを追加
e = np.append(x, v, axis=1)

print(e)
# [[1 2 3 7]
#  [4 5 6 8]]

 

コメント

  1. あとりえこばと より:

    【技術英語の豆知識】append は「付け足す」

    append は「付け加える、追記する」という意味の単語です。何か本体があって、それに「少しだけ」付け加えるというイメージです。たとえば「文書に署名する」を “to append one’s signature” と表現します。ちなみに append と同根の名詞 appendix は「付録」という意味があります。本体の末尾に付け加えられるイメージから、numpy.appned() は配列の末尾に要素を付け加える関数となっています。Python 本体にもリストの末尾に要素を追加する append() 関数が用意されています。

  2. あとりえこばと より:

    ChatGPTにnumpy.appendを会話形式で説明してもらいました

    生徒: こんにちは、講師さん!今日はNumPyのappend関数について教えていただけますか?
    講師: もちろんです!NumPyのappend関数は、NumPy配列に要素を追加するための関数です。新しい要素を既存の配列に追加したい場合に便利です。
    生徒: 新しい要素を既存の配列に追加するんですね。具体的な使い方を教えていただけますか?
    講師: もちろんです。append関数は、2つの引数を受け取ります。1つ目の引数は既存の配列であり、2つ目の引数は追加したい要素です。追加したい要素は、既存の配列の末尾に追加されます。
    生徒: なるほど、それなら実際のコードで見てみたいです。
    講師: 分かりました。以下の例をご覧ください。

    import numpy as np
    
    # 既存の配列を作成
    array = np.array([1, 2, 3])
    
    # 要素を追加
    new_element = 4
    new_array = np.append(array, new_element)
    
    print("新しい配列:", new_array)

    この例では、arrayという既存の配列に要素1, 2, 3が含まれています。そして、new_elementという新しい要素として4を用意しました。np.append関数を使って、arrayにnew_elementを追加しています。
    生徒: 結果はどうなるんですか?
    講師: 追加後の結果はnew_arrayという新しい配列として表示されます。new_arrayを出力すると、[1, 2, 3, 4]という配列が得られます。
    生徒: なるほど、理解しました!append関数は既存の配列に新しい要素を追加するためのものですね。他にも何か重要なポイントはありますか?
    講師: はい、注意点としては、np.append関数は新しい配列を作成するため、元の配列は変更されないということです。また、NumPyの配列は要素の数が固定されているため、要素を追加するたびに新しい配列が作成されることになります。
    生徒: なるほど、大切な情報ですね。np.append関数を使って、配列に要素を追加する方法が分かりました。ありがとうございました!