print()関数・input()関数

print()関数・input()関数

print()関数

 print() は受け取ったオブジェクトを様々な形式で表示する関数です。int や float などの数値はそのまま渡します。文字列を出力するときはシングルクォーテーションまたはダブルクォーテーションで囲むようにします。

# PRINT_01

print(100)
print('Python3')
print("Anaconda")
100
Python3
Anaconda

 

複数のオブジェクトを表示 (半角スペースとセパレータ)

 複数のオブジェクトを並べて表示させることもできます。

# PRINT_02-1

print('NumPy', 'SciPy', 'SymPy')
NumPy SciPy SymPy

 引数に複数のオブジェクトが渡された場合、上のサンプルコードにあるように、デフォルトの設定ではオブジェクトの間に半角スペースが入るようになっていますが、sep 引数で区切り文字(セパレータ)を指定することができます。たとえばカンマで区切りたいときは次のように記述します。

# PRINT_02-2

print('NumPy', 'SciPy', 'SymPy', sep = ",")
NumPy,SciPy,SymPy

 オブジェクト同士の間隔をもう少し広げたい場合は、sep にカンマと半角スペースを指定します。

# PRINT_02-3

print('NumPy', 'SciPy', 'SymPy', sep = ", ")
NumPy, SciPy, SymPy

 

変数の中身を表示

 print() の引数に変数を渡すと変数の中身が表示されます。
 下の例ではリストの入った変数を指定しています。

# PRINT_03

# オブジェクト指向プログラミングの四大要素
x = ['カプセル化', '継承', 'ポリモーフィズム', '抽象化']
print(x)
['カプセル化', '継承', 'ポリモーフィズム', '抽象化']

 

末尾文字を指定

 print() 関数はデフォルトでは末尾に改行を表示するようになっています(エスケープシーケンス \n が添えられています)。これは次のようにループ処理で print() を使うとわかります。

# PRINT_04-1

for k in range(3):
    print('BlogCat')
BlogCat
BlogCat
BlogCat

 末尾の文字は end 引数で指定することができます。
 たとえば末尾に半角スペースを入れる場合は次のように記述します。

# PRINT_04-2

for k in range(3):
    print('Python', end = " ")
Python Python Python

 

print()関数の構文

 最後に print()関数の正式な構文を載せておきます。

 print(*objects, sep, end, file, flush)

 *objects の * は可変引数であることを示しています。これは上で説明したように、複数のオブジェクトを渡すことができるということです。sep, end, file, flush はすべてキーワード引数です(渡すときはキーワード名を添える必要があります)。sep はセパレータ(区切り文字)、end は末尾に添えるオブジェクトです。
 

カラー図解 最新 Raspberry Piで学ぶ電子工作 作って動かしてしくみがわかる (ブルーバックス)

新品価格
¥1,296から
(2019/8/21 23:40時点)

input()関数

 input() はユーザーがキーボードで入力したデータを受け取る関数です。受け取ったデータは変数に文字列 (strクラスのオブジェクト) として渡すことができます。

# # INPUT_01-1

# ユーザーからデータを受け取る
x = input()

print(x)

 このコードを実行すると、テキストボックスが現れてユーザーにデータの入力を促します。
 たとえば Python と入力すると、

Python

と表示されます。input()関数の引数に文字列を指定すると、テキストボックスが表示されるときに渡した文字列が同時に表示されます。

# INPUT_01-2

# ユーザーからデータを受け取る
x = input("データを入力してください:")

print(x)

 Python input関数
 

データを数値に変換

 input()関数は受け取ったデータが数値であっても、文字列に変換してしまいます。ユーザーが入力したデータを使って計算をさせたい場合は、関数などを使って再び数値に戻してやる必要があります。整数に変換するなら int() を、浮動小数点に変換する場合には float() を使います。たとえば、ユーザーが入力した数値に 10.5 を加えるコードは次のように書きます。

# INPUT_02

# ユーザーから数値を取得
x = input("数値を入力してください:")

# 取得した数値を float に変換
x = float(x) + 10.5
print(x)

 このコードを実行して、ユーザーが 10 を入力すると

20.5

と出力されます。