弧度法と度数法

弧度法と度数法

弧度法と度数法

 $\pi\,[\mathrm{rad}]=180\,[{}^{\circ}]$ なので、$x$ ラジアン (radian) を度数法 の角度に変換すると、
 
\[x\,[\mathrm{rad}]=\frac{180x}{\pi}\,[{}^{\circ}]\]
となります。逆に度数法で表された角度を ラジアン(弧度) に変換すると、
 
\[y\,[{}^{\circ}]=\frac{\pi y}{180}\,[\mathrm{rad}]\]
となります。math モジュールや NumPy にはラジアン(弧度)と度数法の角度を相互変換する関数がいくつか用意されています。
 

math.degrees()

 math.degrees(x) は引数 x に渡した角度を度数法の角度に変換します。

# PYTHON_MATH_DEGREE

import math
pi = math.pi

# ラジアンからdegreeに変換
a = math.degrees(pi/6)
b = math.degrees(pi/3)
c = math.degrees(pi/2)

print("pi/6[rad] : {}°".format(a))
print("pi/3[rad] : {}°".format(b))
print("pi/2[rad] : {}°".format(c))
pi/6[rad] : 29.999999999999996°
pi/3[rad] : 59.99999999999999°
pi/2[rad] : 90.0°

math.radians()

 math.radians(x) は引数 x に渡した角度をラジアンで表された角度に変換します。

# PYTHON_MATH_RADIANS

import math
pi = math.pi

# degreeからラジアンに変換
a = math.radians(30)
b = math.radians(60)
c = math.radians(90)

print("30°: {}[rad]".format(a))
print("60°: {}[rad]".format(b))
print("90°: {}[rad]".format(c))
30°: 0.5235987755982988[rad]
60°: 1.0471975511965976[rad]
90°: 1.5707963267948966[rad]

 

numpy.rad2deg()

 numpy.rad2deg(x) は引数 x に渡した角度を度数法の角度に変換します。

# PYTHON_NUMPY_DEGREES

import numpy as np
pi = np.pi

x = np.array([pi/4, pi/2, pi])

# ラジアンから度数法単位に変換
y = np.rad2deg(x)

print(y)
[45. 90. 180.]

 

numpy.deg2rad()

 numpy.deg2rad(x) は引数 x に渡した角度をラジアンの角度に変換します。

# PYTHON_NUMPY_RADIANS
import numpy as np
pi = np.pi

x = np.array([45, 90, 180])

# degreeからradに変換
y = np.deg2rad(x)

print(y)
[0.78539816 1.57079633 3.14159265]

 

mpmath.degrees()

 mpmath.degrees() はラジアン単位の角度を度数法の角度に変換します。

# PYTHON_MPMATH_DEGREES

from mpmath import *

mp.dps = 10
mp.pretty = True

# pi/4を度数法の角度に変換
x = degrees(pi/4)

print(x)
45.0

 

mpmath.radians()

 mpmath.radians() は受け取った角度をラジアンの角度に変換します。

# PYTHON_MPMATH_RADIANS

from mpmath import *

mp.dps = 10
mp.pretty = True

# 45°をラジアンで表された角度に変換
x = radians(45)

print(x)
0.7853981634