range()関数

range()関数

range()

rangeオブジェクトの生成

 Python の組み込み関数 range() は連続数字シーケンスである rangeオブジェクト を生成します。たとえば range(10) は 0 から 9 までの 10 個の要素をもつシーケンスを生成します。rangeオブジェクトを list() に渡すとリストに変換されます。

# RANGE_01

x = list(range(10))
print(x)
[0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9]

 1 から 9 までの数字を並べる場合は次のように記述します:

# RANGE_02

x = list(range(1, 10))
print(x)
[1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9]

 1 から始まって 2 ずつ増える等差数列を生成することもできます。

# RANGE_03

x = list(range(1, 10, 2))
print(x)
[1, 3, 5, 7, 9]

 一般に range()関数は次のような形で呼びだします。

 range([start,] stop[, step])

 start は最初の数字で、デフォルト値は 0 です。
 stop には最後の数字に 1 を加えたものを指定します。
 step はとなり合う数字の差分です。
 

数字を降順に並べる

 range() のオプション引数 step に負の値を指定すると、数字を降順(大きい順)に並べることができます。

# RANGE_04

# 数字を降順に並べる
x = list(range(10, 0, -1))

print(x)
[10, 9, 8, 7, 6, 5, 4, 3, 2, 1]

 

rangeオブジェクトの数字を合計する

 sum()関数を組合わせると、rangeオブジェクトの要素を合計することができます。

# RANGE_05

# range(5)の要素をすべて足す
# すなわち 1 + 2 + 3 + 4 + 5 を計算する
s = sum(range(5))
print(s)
10

 

ビジネスPython超入門

新品価格
¥2,592から
(2019/8/21 23:35時点)

繰り返し処理にrange()を利用する

 range()関数for と組合わせて繰り返し処理に使うことができます。たとえば range(10) から順に1つずつ値を取り出すときには次のように記述します。

# RANGE_06

# rangeオブジェクトから順に値を取り出す
for x in range(10):
    print(x, end = "")
0123456789

 for は range オブジェクトの最初から最後の要素まで順に取り出すので、range() 関数の引数がそのまま繰り返しの回数(ループ回数)となります。

# RANGE_07

# ループ回数を数える
count = 0
for x in range(100):
    count += 1
print("ループ回数は{}です".format(count))
ループ回数は100です

 最後に range()関数を使って「Python は楽しいな」を 3 回表示させてみましょう。

# RANGE_08

# Pythonは楽しいな
for x in range(3):
    print("Pythonは楽しいな")
Pythonは楽しいな
Pythonは楽しいな
Pythonは楽しいな

 それでは皆さんも Pythonプログラミングを楽しんでください。