numpy.tile()

numpy.tile()

numpy.tile()

 numpy.tile(A, reps) はスカラーまたは配列 A をタイル状に敷き詰める関数 です。reps で A の個数を指定します。

# リストTL-1

import numpy as np

# [0,1]を3個並べる
a = np.tile([0, 1], 3)

print(a)
[0 1 0 1 0 1]

 reps にリスト [a, b] を渡すと、配列を縦に a 個、横に b 個並べます。

# リストTL-2

# [0,1]を縦に3個、横に2個並べる
b = np.tile([0, 1], [3, 2])

print(b)
[[0 1 0 1]
 [0 1 0 1]
 [0 1 0 1]]

 第 1 引数 A に 2 次元配列を渡すこともできます。

# リストTL-3

# 2次元配列を定義
x = np.array([[1, 2],
              [3, 4]])

# xを横に3個並べる
c = np.tile(x, 3)

print(c)
[[1 2 1 2 1 2]
 [3 4 3 4 3 4]]

 2 次元配列を縦横に並べるコードです。

# リストTL-4

# xを縦に2個、横に3個並べる
d = np.tile(x, [2, 3])

print(d)
[[1 2 1 2 1 2]
 [3 4 3 4 3 4]
 [1 2 1 2 1 2]
 [3 4 3 4 3 4]]