最大公約数

最大公約数

最大公約数

 2 数 a, b の共通の約数のうち、最大数を 最大公約数 (gcd:greatest common divisor) とよびます。たとえば 12 の約数は
 

1, 2, 3, 4, 6, 12

であり、18 の約数を並べると
 

1, 2, 3, 6, 9, 18

なので、12 と 18 の共通の約数は
 

1, 2, 3, 6

であり、その中の最大数 (最大公約数) は 6 となります。

math.gcd()

 math.gcd() は 2 つの引数 a, b を受け取って最大公約数を返します。

# PYTHON_GCD_01-1

import math

# 10と15の最大公約数
x = math.gcd(10, 15)

print(x)
5

 math.gcd() には 2 つの引数しか渡せませんが、集約関数 functools.reduce() を使うと、可変引数を受け取って最大公約数を返す関数を定義できます。

# PYTHON_GCD_01-2

# functoolsをインポート
import functools

# 可変引数を受け取って最大公約数を返す関数
def gcd_2(*vals):
    return functools.reduce(math.gcd, vals)

 gcd_2() を使って (10, 15, 20) の最大公約数を求めてみます。

# PYTHON_GCD_01-3

# (10,15,20)の最大公約数
x = gcd_2(10, 15, 20)

print(x)
5

 

numpy.gcd()

 numpy.gcd(x1, x2) は x1 と x2 の最大公約数を返します。

# PYTHON_GCD_02-1

import numpy as np

# 450と7182の最大公約数
gcd = np.gcd(450, 7182)

print(gcd)
18

 x1, x2 に配列を渡すこともできます。このとき、x1 と x2 のサイズが等しければ、同じインデックスの要素同士で最大公約数を計算します。

# PYTHON_GCD_02-2

x1 = [10, 12, 15]
x2 = [20, 30, 90]

# 10と20,12と30,15と90の最大公約数
gcd = np.gcd(x1, x2)

print(gcd)
[10 6 15]

 x1 と x2 のサイズが異なる場合、ブロードキャストして最大公約数を計算します。

# PYTHON_GCD_02-3

x2 = [12, 15, 40]

# 100と12,100と15,100と40の最大公約数
gcd = np.gcd(100, x2)

print(gcd)
[4 5 20]

 3 数以上の最大公約数を求めるときには、reduce() メソッドで集約します。

# PYTHON_GCD_02-4

x = np.array([8, 12, 40])

# 8,12,40の最大公約数
gcd = np.gcd.reduce(x)

print(gcd)
4

 

PythonとKerasによるディープラーニング

新品価格
¥4,190から
(2019/8/21 23:37時点)

sympy.gcd()

 sympy.gcd(a, b) は a と b の 最大公約数 を返します。

# PYTHON_GCD_03-1

import sympy

# 16と24の最大公約数
x = sympy.gcd(16, 24)

print(x)
8

 a, b には数式を渡すこともできます。

# PYTHON_GCD_03-2

# 記号xを定義
sympy.var('x')

# 数式f,gを定義
f = 3*x**2 + 7*x + 2
g = x**2 + 7*x + 10

# fとgの最大公約数
x = sympy.gcd(f, g)

print(x)
x + 2

 sympy.gcd() には引数を 3 個以上渡せないので、3 つの数 a, b, c の最大公約数を求めたい場合は、gcd(a, b) と c の最大公約数をとります。

# PYTHON_GCD_04

# 3数の最大公約数を求める関数
def triple_gcd(a, b, c):
    from sympy import gcd
    return gcd(gcd(a,b), c)

# 24,48,60の最大公約数
x = triple_gcd(24, 48, 60)

print(x)
12