Python基礎

7/7ページ
  • 2018.08.19

英字を大文字・小文字に変換

大文字・小文字に変換するメソッド  Python の文字列 (str オブジェクト) にはアルファベットを 大文字 や 小文字 に変換するメソッドが備わっています。 str.upper()  str.upper() は英字をすべて大文字に変換してコピーを返します。 # PYTHON_UPPER my_str = "I need to tweak the code." #(訳:コードをちょっと修正し […]

  • 2018.08.19

文字列の検索と置換、削除

文字列を検索するメソッド  Pythonで 指定文字列を検索する方法 を解説します。 str.find():文字列を左端から検索  str.find() は指定した検索文字列に一致する要素をオブジェクトから探します。 str.find (検索文字列 [,開始インデックス [,終了インデックス]])  範囲を指定しない場合は検索文字列と一致する要素を先頭から探して、最初にみつかった要素のインデックス […]

  • 2018.08.15

ブール型と論理演算子 (and・or・not)

ブール型 (boolオブジェクト:True, False)  ブール型は真偽値(ブール値)とよばれる True (真) または False (偽) の 2 種類の値を返します。Type () 関数で True もしくは False のクラスを調べると boolクラスであることがわかります: # PYTHON_BOOL_01 # TrueとFalse のクラスを調べる x = type(True) […]

  • 2018.08.08

sort メソッドで昇順・降順に並び替える

list.sort()  リスト型オブジェクトには、要素を昇順あるいは降順に並び替える sort()メソッド が備わっています。意外なことに、このメソッドをもつのは シーケンス の中でリスト型だけです。タプルや文字列を並び替えたいときは後述する sort() 関数を使います(もちろん、Python の構造をよく理解しているエンジニアにとっては、これは意外でももなんでもないでしょう。sort は明ら […]

  • 2018.08.06

比較演算子

Pythonの比較演算子  2 つのオブジェクト x, y を比較して、  「 x と y は等しい?」  「 x は y より大きい?」  「 x は y に含まれる?」 などを判定して、True(真)または False(偽)の2択(真偽値)で答えさせる演算子を 比較演算子 (comparison operator) とよび、主に if 文 などの条件判定式で用いられます。  Python の比 […]

  • 2018.08.06

リスト (list型オブジェクト)

リストの定義と基本操作  この記事では、Python における リスト の定義、置換、削除、スライス、連結などを解説します。Python のリスト機能は柔軟性があって扱いやすく、データ分析や統計処理で頻繁に活用されます。  リストは複数の要素(数値や文字などのデータ)にインデックス(見出し番号)を割り当てて、ひとまとまりにしたもので、Python では [要素0, 要素1, 要素2, 要素3, . […]

  • 2018.08.03

文字列 (str型オブジェクト)

文字列 (str型オブジェクト)  Python では 文字列型データ (strクラスのオブジェクト) はシングルクォート (') あるいはダブルクォート (") で囲むという約束事があります。念のためにデータ型を type() 関数で調べてみます。 # PYTHON_STR_01 my_str = "Pythonは楽しい" print(type(my_str)) <class 'str'& […]

  • 2018.08.02

複合代入演算子

インクリメント  プログラミングでは変数の値を 1 つだけ増やす インクリメント (increment) という処理を行なうことがよくあります。たとえば次のようなコードを書けば、変数 a の値をインクリメントすることができます。 # PYTHON_INCREMENT-1 a = 10 a = a + 1 print(a) 11  上のコードでは最初に a の値を入れておいてから、次の行で自身に 1 […]

  • 2018.08.01

変数の定義とルール

変数とは?  一般にプログラミングでは、3.141593 といった 数値 や「今日は良いお天気ですね」というような 文字列 のデータを逐一そのままで記述することはほとんどありません。変数 と呼ばれる名前のついた箱にデータを入れておくだけで、その箱の名前でデータを扱うことができるからです。たとえば pi と名づけた変数に円周率の値 3.141593 を入れておけば、この pi を円の面積や球の体積を […]

  • 2018.07.30

数値型と算術演算子

数値演算  Python3 の 数値型 は整数型 (int)、浮動小数点数型 (float)、複素数型 (complex) の 3 種類に分類されます。プログラミング言語の種類によってはデータ型を予め宣言しておくものも多いですが、Python では、その数値をどのように記述するかによって数値の型が決まります。  データ型は type()関数によって調べることができます。  100 と記述された数値 […]

1 7