インタラクティブシェル(対話型実行環境)

インタラクティブシェル(対話型実行環境)

インタラクティブシェルを起動します

 プログラミングを始めるときは、しばらくの間は インタラクティブシェル で練習してみることをおすすめします。

 「インタラクティブ」とは「対話」あるいは「双方向」という意味で、その名の通り、インタラクティブシェルを使うと、ユーザーは画面と対話するような感覚でプログラミングすることができます。
 
 Anaconda をインストールすると、Anaconda Prompt が使えるようになります。
 Anaconda Prompt は Python の各種パッケージを追加したり、IDE(統合開発環境)を起動するなど、Anaconda の環境全般を管理するために用いるコマンドプロンプトです。ここから Python の対話型実行環境に入ることもできます。Windows環境であれば「スタートメニュー」の Anaconda3 というグループから選択できます。

 Windows7のスタートメニューからAnacondaPromptを起動

 Anaconda Prompt を起動すると真黒な画面が現れます。

(base) C:\Users\ユーザー名>

 > の横に python を打ちこんでみます。

(base) C:\Users\ユーザー名>python

 [Enter] を押すと次のような画面が現れます。

(base) C:\Users\ユーザー名>
Python 3.6.5 |Anaconda, Inc.| (default, Mar 27 2018, 13:23:52) [MSC v.1900 32 bit (Intel)] on win32
Type "help", "copyright", "credits" or "license" for more information.
>>>

 これで準備が整いました。
 

アルゴリズム図鑑 絵で見てわかる26のアルゴリズム

中古価格
¥2,011から
(2019/7/30 20:26時点)

Python のコードを書いてみましょう

 さっそく、1 + 1 と打って [Enter] を押してみましょう。

>>> 1 + 1
2
>>>

 このように、インタラクティブシェルでは1行コードを書いて [Enter] を押すと、すぐその下の行に実行結果が表示されます。そして再び次のコードの入力を促す >>> が表示されます。

 入門編では定番の print関数も使ってみましょう。

>>> print("Hello Python!")
Hello Python!

 Anaconda Prompt を起動している間は、ユーザーが定義した変数も記憶されます。
 x に 10, y に 20 を入れてから、x + y を計算させてみましょう。

>>> x = 10
>>> y = 20
>>> x + y
>>> 30

 標準ライブラリの math をインポートすると、数学で使用される関数を利用することができるようになります。

>>> from math import*

 fractional関数で 5 の階乗を計算してみます。

>>> factorial(5)
>>> 120

 底を e とする 10 の自然対数を求めてみます。

>>> log(10)
>>> 2.302585092994046

 円周率の近似値を pi という名前で呼びだすこともできます。

>>> pi
>>> 3.141592653589793

 Python では配列を リスト型データ などで扱います。
 インデックス番号は 0 からです。

>>> my_list=["Red", "Blue", "Yellow"]
>>> my_list[0]
>>> 'Red'

 このように、インタラクティブシェルでは書いたコードの結果が1行ごとに表示されるので、Pythonの練習には最適です。とはいえ、インタラクティブシェルはファイルに保存することはできないので、閉じてしまうとコードの記録は失われてしまいます。また、複数の行で記述されるループ処理などはインタラクティブシェルで実行することができません。コードの書き方にある程度慣れてきたら、Jupyter Notebook や Spyder などのエディタを使って、より本格的なプログラミングに挑戦してみましょう。