[Matplotlib] タイトルと凡例の設定

[Matplotlib] タイトルと凡例の設定

タイトルの設定

 Figure.suptitle()メソッドFigure のタイトルを、Axes.set_title()メソッドAxes のタイトルを設定できます。オプション引数で文字の色や大きさなどを指定することもできます。

# 三角関数のグラフ

# 必要なモジュールをインポート
import numpy as np
import matplotlib.pyplot as plt

# Figureを設定
fig = plt.figure()

# Figureタイトルを設定
fig.suptitle("Trigonometric Functions", fontsize = 14)

# Axesを追加
ax1 = fig.add_subplot(211)
ax2 = fig.add_subplot(212)

# Axesのタイトルの設定
ax1.set_title("f(x) = cosx", size = 12, color = "red")
ax2.set_title("g(x) = sinx", size = 12, color = "red")

# Axes(サブプロット)間の余白調整
fig.subplots_adjust(top = 0.8, hspace = 0.8)

# xのデータを作成
x = np.arange(-4, 4, 0.1)

# yのデータを作成
f = np.cos(x)
g = np.sin(x)

# 軸ラベルの設定
ax1.set_xlabel("x", size = 12)
ax1.set_ylabel("y", size = 12)
ax2.set_xlabel("x", size = 12)
ax2.set_ylabel("y", size = 12)

# データをプロット
ax1.plot(x, f, color = "blue")
ax2.plot(x, g, color = "blue")

 Matplotlib Figure.suptitle()メソッドによるタイトル設定
 

ゼロから作るDeep Learning ―Pythonで学ぶディープラーニングの理論と実装

中古価格
¥2,818から
(2019/7/30 20:24時点)

凡例の設定

 Axes.legend()メソッド でサブプロットに凡例を添えることができます。

# 凡例の設定

# 必要なモジュールをインポート
import numpy as np
import matplotlib.pyplot as plt

# Figureを設定
fig = plt.figure()

# Axesを追加
ax = fig.add_subplot(111)

# xのデータを作成
x = np.arange(-4, 4, 0.1)

# yのデータを作成
f = np.cos(x)
g = np.sin(x)

# 軸ラベルの設定
ax.set_xlabel("x", size = 12)
ax.set_ylabel("y", size = 12)

# データをプロット
ax.plot(x, f, color = "blue", label = "cosx")
ax.plot(x, g, color = "red", label = "sinx")

# 凡例の設定
ax.legend(loc = "upper right")

 Matplotlib Axes.legend()メソッドによる凡例設定

 Axes.legend() の loc オプションで 凡例の位置 (location) を指定できます(上のサンプルでは "upper right" を指定して右上に表示させています)。

locに指定可能な文字列とコード

文字列 コード
best 0
upper right 1
upper left 2
lower left 3
lower right 4
right 5
center left 6
center right 7
lower center 8
upper center 9
center 10

 [参考文献] PythonユーザのためのJupyter[実践]入門