最尤推定 (MLE)

最尤推定 (MLE)

気温と降雨/降雪

 次のデータは、2017年11月から2018年1月にかけて、青森県青森市で降水(降雨または降雪)のあった日の最低気温と、降雨・降雪の現象を示すデータです(気象庁が提供しているデータを元に作成しました)。入力データベクトル $\boldsymbol{\mathrm{X}}$ の各要素は気温 (℃)、目標データベクトル $\boldsymbol{\mathrm{T}}$ の各要素は雪 (0) または雨 (1) という現象を表しています ($\boldsymbol{\mathrm{X}}$ の要素は予め気温について昇順ソートされています)。ただし、雪と雨がともに観測された場合は雪 (0) に分類してあります。したがって、より厳密に表現するならば、目標データベクトルの各要素は降水現象があった日の「降雪現象なし」を意味します。気象庁が提供する「現象なし」のデータは現象が観測されなかった場合を 1、観測された場合を 0 で表現します。要するに僅かでも雪が降った場合は 0 に分類されるということです。

# リスト M6-A-1
# 青森県青森市の気象観測データ

# モジュールをインポート
import numpy as np
import matplotlib.pyplot as plt

# 気温データ
X = np.array([-6.5, -6.2, -6.1, -5.9, -5.3, -5.2, -5.2, -4.8,
              -4.5, -4.1, -4.1, -3.9, -3.9, -3.7, -3.6, -3.6,
              -3.5, -3.5, -3.4, -3.0, -2.9, -2.8, -2.7, -2.7,
              -2.6, -2.5, -2.5, -2.4, -2.3, -2.0, -2.0, -1.9,
              -1.8, -1.6, -1.3, -1.2, -1.2, -1.0, -1.0, -1.0,
              -0.9, -0.9, -0.9, -0.9, -0.8, -0.5,  0.0,  0.1,
               0.1,  0.2,  0.2,  0.3,  0.4,  0.5,  1.1,  2.1,
               4.3,  4.3,  4.9,  5.5,  6.5,  7.1,  7.5,  7.8])

# 降雪/降雨現象(雪=0,雨=1)
T = np.array([0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0,
              0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0,
              0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0,
              0, 1, 0, 0, 0, 0, 0, 0,
              0, 0, 1, 1, 1, 0, 0, 0,
              0, 0, 0, 0, 0, 1, 1, 0,
              0, 1, 1, 1, 0, 0, 0, 1,
              1, 1, 1, 1, 1, 1, 1, 1])

 Matplotlib を使って、このデータをプロットしてみましょう。

# リスト M6-A-2
# 動作条件:リスト M6-A-1 の実装

# FigureとAxesの設定
fig, ax = plt.subplots(figsize = (8, 5))
ax.grid()
ax.set_xlim(-8, 8)
ax.set_ylim(-0.5, 1.5)
ax.set_yticks([0, 1])
ax.set_xlabel("Temperature [${}^\circ$C]", fontsize = 14)

# 雨は赤色、雪は青色の点で表示
ax.scatter(X[T == 0], T[T == 0], color = "blue",
           s = 16, label = "snow", zorder = 2)

ax.scatter(X[T == 1], T[T == 1], color = "red",
           s = 16, label = "rain", zorder = 2)

# Tが1となるXの要素で配列を生成し、その中から最小要素を抽出
Z = X[T == 1]
x_1 = np.min(Z)

# Tが1となるXの要素で配列を生成し、その中から最大要素を抽出
Z = X[T == 0]
x_2 = np.max(Z)

# Tが0と1の両方を取り得る範囲を塗り潰す
ax.axvspan(x_1, x_2, color = "orange",
           alpha = 0.4, zorder = 1)

# x軸の目盛を設定
xt = range(-8, 9, 4)
xt = list(xt) + [x_1, x_2]
ax.set_xticks(xt)

ax.legend()
plt.show()

 分類問題(雨または雪)

 グラフを見ると、最低気温が 2℃以上なら雨、-2.5℃以下なら雪となっています。しかし、気温が-2.5℃ ~ 1.1℃の範囲内(薄いオレンジ色で塗られている範囲)では、同じ気温であっても、日によって雨のときもあれば雪のときもあります。実際、降雪条件は湿度や上層の気温、観測点の置かれた場所の地形など、他の様々な要因が絡むので、地上の最低気温だけで決定できるものではありません。それでも最初は敢えて問題を単純化して、地上最低気温だけを入力変数として与えて、降雪の有無を予測することを試みます。

 最終的な目標は、未知の気温データ $x$ を与えたときに、それぞれのクラス(雪または雨)に分類することです。ただし、この分類は「雪になる確率が高い」または「雨になる確率が高い」というような曖昧さを含めた情報になります。天気予報でおなじみの表現ですね。
 

ビジネスPython超入門

新品価格
¥2,592から
(2019/8/21 23:35時点)

最尤推定 (MLE) 

 ある気温 $x$ において、$t$ が $1$ の値となる(すなわち雨となる)確率を
 
\[P(t=1|x)\]
と表すことにします。たとえば手持ちのデータを見る限り、$x\gt 2$ であれば必ず雨になっているので、
 
\[P(t=1|5)=1\]
と表してよさそうです。もちろん、これは絶対にそうだと言い切れるものではありません。この年に観測されたデータが偶然そうなっていただけで、別の年に観測すれば気温 5℃でも雪となる可能性もあるからです。あくまで手持ちのデータから、$P(t=1|5)=1$ と推定できるというだけです。

 雨と雪が重なっている範囲内については、気温が高くなるほど雨になる確率が高くなるはずです。つまり、この範囲内で確率は $0$ から $1$ へと遷移するので、$f(x)=P(t=1|x)$ は、おおよそ $(x,t)=(-2.5,\ 0)$ と $(x,t)=(1,\ 1)$ を結ぶような曲線となっているはずです。

 そこで、このような観測データを得るに至った「最もありえそうな曲線の形」を探すことにします。このように曖昧な表現をするのは、観測データ $(x,t)$ は、下限 $0$, 上限 $1$ という条件を満たすなら、どのような確率曲線からでも得られる可能性があるからです。

 私たちは観測データを元に確率を「推測」することしかできません。
 たとえば、サイコロを $120$ 回投げて $1$~$6$ の目が出た回数がそれぞれ
 
\[19,\ 21,\ 20,\ 22,\ 17,\ 21\]
となったときに、どの目もおおよそ $1/6$ の確率で出現すると推測します。しかし、この推測は間違っているかもしれません。目の出方に偏りのサイコロを振って、たまたま均等に近い分布になったかもしれないからです。しかし、それぞれの目が出る確率が $1/6$ である可能性が最も高いといえます。

 このように、ある一組のデータを生成する確率 $P$ を 尤度 とよび、その中で最も可能性の高い確率(尤度の最大値)を探し出すことを 最尤推定 (MLE : maximum likelihood estimation) とよびます。「尤(ゆう)」という字は「すぐれている」という意味があるので、「最尤推定」とは「最も適切な推定」ということになります。英語では likelihood (ありそうな) という平易な単語が使われていますね。

 とはいえ、(これは線形回帰でも同じでしたが)無数にある関数の中から最適なものを見つけることは不可能なので、とりあえず一つの関数を決めて、その関数のパラメータを調整することによって最適化を図ります。それでは、モデルとしてどのような関数を選べば良いのかという話になりますが、これは案外難しい問題です。扱う現象によって適切な関数は異なるので、その時々で色々と試行錯誤するしかありません。

 たとえば、雪 (0) と雨 (1) が重なる範囲を直線で表すのはどうでしょう?

 機械学習 降雨降雪の確率曲線01

 雨 (1) となる確率が気温に比例して増加することは十分にありそうな話です。しかし、そうではないかもしれないので、直線的単調増加の性質をもちながらも、パラメータによって、ある程度形状を自由に変化させられるシグモイド関数を考えてみます。
 
\[\sigma(x)=\frac{1}{1+e^{-ax}}\quad (a\gt 0)\]
 この関数はゲインとよばれるパラメータ $a$ の値によって次のように形を変えます。

 クラス分類 Python 降雨降雪の確率曲線02

 しかし、この図を見て分かるように、シグモイド関数 は勾配を変えることはできますが、中心位置が $x=0$ のところに固定されていて、左右にスライドさせることはできません。そこで、$ax$ を $ax+b$ で置き換えた ロジスティック関数
 
\[L(x)=\sigma(ax+b)=\frac{1}{1+\exp\{-(ax+b)\}}\]
を考えます。こうすると曲線を左右に平行移動させながら、より自在にデータに適合させることができるようになります。

 Python 降雨降雪の確率曲線04

 とりあえず、ロジスティック関数を採用することにしましょう。
 すなわち目標変数 $t$ は
 
\[P(t=1|x)=L(x)=\frac{1}{1+\exp\{-(ax+b)\}}\]
にしたがって生成されたと仮定して、2 個のパラメータ $a$ と $b$ を最適化することを目標にします(ロジスティック回帰は単純なモデルですが、多くの現象を説明できることが知られています)。次回記事では「交差エントロピー誤差」という新しい概念を導入します。